読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫と35年ローンの家

アラフォー・低所得・バツイチの3重苦女の日常を、猫が隣にいる状態で綴ります。(邪魔されてる・・・)

「女性にとって働きやすい職場とは?」 踏み台女性社員の愚痴

みなさんこんにちは。

捨て石世代のねこぱんつです。

どうも、最近職場では、『女性が働きやすい環境をつくろう!』だとかそんなことが言われています。

『つくろう!』って・・・要するに、つくって!って言われているようなもんです。

会社は、若くて結婚とか妊娠とか子育てとかを考えている女性を取り込みたいわけで。

それこそ、そういう女性社員が増えれば、社会的にイメージアップ。

でもさ、

私にとってはすべて遅すぎるんだよ。

何もかもあきらめた後、

「会社のイメージアップのため」 出産・育児・ワークライフバランスのために

また犠牲になるのか。私。

そうだよね。なにもかも諦めた女が必死になって働く姿よりも、

家庭も子供も大事に生きてる女性がイキイキ働いてるほうが美しいもんね。

うちの会社のアラフォー独身女性社員は、それはそれは男性並みに、いや、それ以上に働きます。

私は彼女たちを尊敬しています。

それと同時に、彼女らは、何をどう間違っても不満を言わないのです。

私も彼女たちを見ているので言いません。

でも、時代は流れ、私たち世代は若者のために働かなければならなくなってきました。

若い女性社員を辞めさせないために。

『女性が働きやすい環境に』

男性と同じように働き、女性であることを隠すように生きてきた私たちには

一周回って刃のように刺さる言葉です。

大学に行って、男性と同じように働いて、終電逃したりもして、結婚どころか恋愛もせず、がむしゃらに働いてきて、

きっと若い子には「こうはなりたくない」と思われているんだろうな、と。

いや、いいんです。世の中、子供がいて働きづらいお母さんもいるし、出産しても働きたいと思う人が大勢いる。

そういった人達や社会のために、必要なんですよ。子育てしている人たちを支えるべきなんです。

でもさ、私たちが手にできなかった環境を、若い女性のためにつくろう!(つくって!)と私たちに言う会社。

いまさら、『女性にとって働きやすい職場とは?』とか無邪気に聞いてくる会社・・・。

「○○があれば、私は10年前結婚・出産を諦めずに済みました」とか言えばいいの?

女性社員の意見をまとめて・・・とかなんとか言われ。

私の意見は入れませんよ。だって時代に逆行するもの。

社会に求められる意見ではないもの。

どう伝えたらいいかわからないもの。

伝えたらきっと苦しくなるもの。

愚痴ですらうまく言えないこの話。

ネットでなら言えるかな。って思って書いてみました。

なぜか涙が出ます。

疲れたよ。

シワ寄せは嫌。

その一言が言えなくて。