読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫と35年ローンの家

アラフォー・低所得・バツイチの3重苦女の日常を、猫が隣にいる状態で綴ります。(邪魔されてる・・・)

ちんたら歩く人のちんたら歩く理由を無理やり考察してみる。

 

f:id:komachi35:20170320014758j:plain

こんにちは。

ねこぱんち。じゃなくてねこぱんつです。

 

私はだいぶせっかちな性格なので、駅や歩道をちんたら歩く人がいると、

「遅いなぁぁぁぁ」と思いながら追い抜きます。(思うだけですよ。)

 

いや、遅く歩いても全くかまわないんですよ。

ただね、

渋滞が起こってますよ・・・っていう場合、

あるでしょ?

 

もうちょっと「あなたの後ろにも人はいる」ってことを意識してほしい。

ここは人口過密都市・東京なんですよ、と。

 

ただ、私もいいおばさんなんでね、キレたりはしませんのよ。

イラっとはしますけれどもね。おほほ。

 

で、「イラッ」と感じてしまったときのトラブルシューティング用に

ちんたら歩く人がちんたら歩く理由を無理やり考察してみることにしました。

 

 

①皇室関係者

完全にイメージです。えぇ。

なら許す。っていう感じでしょうか。

 

②実は幽霊

むしろよけなくてもオッケーだった的な。

誰も損しないじゃん。平和的。

幽霊になってまで急ぐ必要もないもんね。

 

③道にお金が落ちてないか細心の注意を払ってる

これはむしろ積極的に追い抜きたい。上流にいる者のみが得をする。

流しそうめん理論です。

しかしですよ、彼らも大変ですよ。だって、最近いくらお金拾いました?

そんなに拾えないでしょ。

そんな中、彼らも必死なんです。

むしろ応援してあげるのが大人というもの。

 

④歩道のブロックとか、線とかを数えてる

子供の時、よく数えませんでした?横断歩道の線の数とか。

それ。

童心のまま何十年も生きてる人たちがいーっぱいいるってことで。

完全に国力が失われつつあると思われ・・・。

個人がイライラして済む問題ではないので忘れましょう。

そして明日に備えるのです。

 

⑤知らない間に二足歩行ができるようになってるのに気づいて怯えてる

会いたくて震える人もいる世の中です。

無理もない。

しかしですね、これまた同様に国力が・・・(以下同文)

やはり明日に備えましょう。

 

 

どうでしょう?

イライラしてこんなくだらない文を読んでいる間に、あなたが誰とも喧嘩せず、イライラも忘れて目的地に着いていることをお祈りしております。

 

まだ目的地に着かないよーって人はこちらも↓

 

komachi35.hatenablog.com